流産後の妊娠

流産後の妊娠、1回でも流産したら妊娠しないのかについて記しています。

流産後の妊娠は難しいものなの?

流産後の妊娠は難しいものなのかというと、流産の種類にもよります。

お腹の中で胎児が亡くなってしまう稽留流産や、胎児が体外に出る自然流産の場合、流産後の妊娠はそんなに難しいものではありません。

稽留流産の場合は、胎児を体外に出さなければいけないため、手術を行います。

胎児が体外に出ることにより、子宮内はきれいな状態となります。

そうなると、着床しやすくなるのです。

そのため、流産後の妊娠は難しいものでないのです。

流産の多くは、稽留流産です。

ですので、多くの人が流産をしても、すぐに妊娠できます。

しかし、流産には化学流産というものもあるのです。

化学流産は、一度妊娠が認められたものの、その後それが消滅したことをいいます。

化学流産は、流産後にまた流産してしまう確率が変わらないため、再び流産する可能性があります。

流産は非常に悲しく辛いものです。

次の妊娠も不安になるのは当たり前です。

また妊活する際は、一度医師に相談することをおすすめします。

流産後は時間を空けないと妊娠しにくい?

流産後は時間を空けないと妊娠しにくいかというと、そんなことはありません。

流産後の妊娠って、しやすくなっているんです。

胎児を外に出した後は、子宮内がきれいになるため、妊娠しやすくなっています。

子宮内はきれいになっていますが、子宮の機能は回復していません。

そのため、妊娠できても、また流産してしまう恐れがあるのです。

流産直後も妊娠はできますが、流産を避けるために、ある程度時間を空けなければいけません。

どのくらいの時間を空けたらいいのかというと、生理が数回来てからです。

1度生理が来たら妊活してもいい、という医師もいます。

しかし、生理が順調に来るかどうかも確認したほうがいいので、生理が数回来てからのほうがいいのです。

生理が順調に来るということは、子宮の機能が回復したということになります。

流産後は辛くて焦ってしまうかもしれません。

しかし、焦らず、生理が数回来るのを待って、また妊活するようにしましょう。

流産にはどんな種類があるの?

流産にはいろんな種類があります。

・稽留流産
・完全流産
・化学流産


稽留流産は、お母さんは自覚症状がないのですが、胎児がお腹の中で亡くなっている状態のことです。

胎児が突然亡くなってしまい、胎児の成長や心拍が確認できません。

その場合は、お母さんが感染症を引き起こさないためにも、胎児を体外に出す必要があります。

その手術のことを、掻爬手術といいます。

完全流産は、胎児や胎盤などが完全に子宮外に出てしまうことです。

その際に、下腹部痛や出血が起きます。

完全流産の場合は、掻爬手術をする必要はなく、経過観察のみで済むことがほとんどです。

化学流産とは、妊娠検査薬等が陽性なのに、胎嚢が確認できないことです。

その後、出血が起きたり、強い生理痛が起きます。

これは、妊娠の初期の初期に起こるもので、妊婦さん自身気付かないことも。

化学流産の場合は、掻爬手術をする必要はありません。

流産にはいろいろあり、流産後の妊娠に関してもいろいろです。

流産後に妊娠に関しては、医師に相談して、どうすればいいか教えてもらいましょう。

流産後は妊娠できないの?

PAGE TOP

流産後の妊娠、1回でも流産したら妊娠しないのかについて記しています。
Copyright (C) 2014 流産後の妊娠|1回でも流産したら妊娠しない? All Rights Reserved.